スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

万魔殿はいつも賑やか4

みなさんこんにちは。
今回の記事はパンデモニウムの4回目です。
画像クリックで大きいサイズをご覧いただけます。

ソロモン72柱_067

ルビ入れ忘れてます。
「万魔殿(パンデモニウム)はいつも賑(にぎ)やか。」

ソロモン72柱_067a

ソロモン72柱_067b

アムドゥスキアスさんは音楽も得意みたいです。
音楽で成功したい若者が十字路で契約する相手は
もしかするとアムドゥスキアスさんなのかも。

ソロモン72柱_066a

キマリスさんですが、
西洋的な価値観によるアフリカ侵略のメタファーという説があるようなので
ちょっとそれっぽいデザインにしてみました。

ソロモン72柱_066b

アフリカでそれっぽいものだと「ブラッド・ダイヤモンド」とか「ナイロビの蜂」とか想像しちゃいますね。

ではでは~。

スポンサーサイト
拍手する

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

TAG : 万魔殿 ソロモン72柱 イラスト マンガ

                               

万魔殿はいつも賑やか3

みなさんこんばんは。

今回の記事はパンデモニウム3話目です。
画像をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

ベリアル_001

ソロモン72柱_068

今回登場のベリアルさんは序列こそ68位ですが実はかなりの大物みたいです。

○ルシファーに次いで創造された。
○堕天使たちの指導者にして誘惑者。
○イエス・キリストを告発したことがある。(敗訴した)
○上記の告発により、最期の審判後に地獄に堕とされる人間の支配権を獲得している。
○「不正の器」と呼ばれる第三位階の君主である。

ざっと調べたところ上記の感じでした。

ベリアル_002

ベリアル_003

ベリアル_004

ベリアル_005

シモンくんはペコ丸の創作です。
ベリアルさんに欺かれて堕天した元天使なのかも。

ではでは~。

拍手する

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

TAG : 万魔殿 パンデモニウム 悪魔 イラスト マンガ

                               

万魔殿はいつも賑やか2

みなさんこんばんは。

パンデモニウムその2です。
今回はソロモン72柱の序列70位と69位です。
お楽しみいただけると嬉しいです。
画像クリックで大きいサイズをご覧いただけます。

パンデモ02

ソロモン72柱70A

序列70位のセーレ王子は悪魔なのに善良な性格らしいです。
不思議ですねー。
本当に善良なのかなー。

ソロモン72柱70B

ソロモン72柱69A2

序列69位のデカラビア侯爵はルックスがユニーク。
こうしゃくって公爵と侯爵があって紛らわしいですね。
公爵は爵位のトップで侯爵は2位。

ソロモン72柱69B

デカラビア侯爵は能力がわりと仙人っぽいですね。

ではでは。

拍手する

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

TAG : ソロモン72柱 パンデモニウム イラスト マンガ

                               

万魔殿はいつも賑やか1

みなさんこんばんは~。
久しぶりの更新になってしまいました。

個人的に趣味で描いたイラスト+マンガっぽいのを貼らせていただきます。
画像クリックで大きいサイズをご覧いただけます。

パンデモタイトル01

ソロモン72柱00

まずは魔導書レメゲトン(ソロモンの小さな鍵)から。
ソロモン72柱(ななじゅうふたはしら)の序列72位のアンドロマリウス伯爵。

ソロモン72柱72A

ソロモン72柱72B

次に序列71位のダンタリオン大公爵。

ソロモン72柱71A

ソロモン72柱71B

ダンタリオン大公爵の能力は対人間で考えると最強クラスっぽいですよね。

悪魔はユニークな外見してるのが多いので描いてて楽しいです。
ではでは。

拍手する

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

TAG : ソロモン72柱 パンデモニウム イラスト

                               

お仕事させていただきました

みなさんこんにちは。

現代書林のお仕事をさせていただきました。
『マンガでわかる相続の成功か失敗かはパートナーで決まる! 』

監修は相続コーディネート実務士の曽根恵子さん。
PECOはマンガを描かせていただきました。

主人公はちょっとファザコン気味のOLの夢子。
亡き父の遺した手帳を見た夢子は、知らなかった一面が父にあったことを知ります。
父親の面影を追っていくうちに相続についての様々なことを知っていく、というお話になってます。



ストーリー仕立てになっていてノウハウ本でありつつもしっかりと読み物になってます。
相続に関して目から鱗の面白い話が紹介されていてPECOは勉強になりました。
興味のある方はお読みになってみてください。

拍手する
                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。