スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

イャンガルルガ攻略

イャンガルルガは2種類います。
「イャンガルルガ」(通称両耳)と「傷ついたイャンガルルガ」(通称片耳)。
片耳の方がちょっと強めになっています。
立ち回りは共通する部分がほとんどなので一緒に攻略しちゃいます。

ガルルガは怒り時の突進がやっかいです。
ですので初級というにはちょっと難しめになってしまいました。
推奨スキルは【心眼】
無くてもなんとかなります。



まずは切断に対する肉質。()内は片耳の数値。
 頭:65(65)%
 首下:40(40)%
 腹:10(10)%
 背:10(10)%
 翼:25(20)%
 脚:25(25)%
 尻尾下:45(40)%

弱点は頭
数字だけ見ると首下や尻尾下も良さそうなんですが上側が背中の肉質になっており狙い難くなっています。


次に怒り状態の能力変化。()内は片耳の数値。
 攻撃:+30(30)%
 防御:+0(20)%
 俊敏性:+30(30)%

お怒り時は速くて危ないです。特に突進…。
片耳は怒り時に防御が上がるのでひるみ計算する場合はご注意くださいませ。
両耳はHPが30%未満になると怒りやすくなります。
片耳は怒りの蓄積が両耳の5倍。さらに怒りっぽいHPゾーンが30未満に加えていくつかあり、全体の60%が怒りやすいです。
片耳は戦闘時間のほとんど怒っている


ガルルガ戦の注意点。
 1)壁際に行かない。壁を背負わない。
 2)近距離では反時計回り、中距離では時計回りに移動。
 3)ガルルガの前に立たない。武器収納時の硬直に注意。
 4)尻尾切断は最優先。主にブレス後の硬直を狙います。

1はブレスの着弾に判定があることと、壁当たりして滑ってくるガルルガが怖いので。
2は左回転尻尾対策と連続クチバシ攻撃対策で。
3は突進対策。特に怒り時は前に立つと危ないです。
4は立ち回りの自由度を確保するために重要。かみつきの尻尾の判定とか地味に怖いです。



【大剣初級講座】イャンガルルガ【振り向き初段武器出し攻撃前転回避】

※曲は狩猟音楽集より。

簡単な解説。
立ち位置や攻撃のタイミングと角度をご覧いただければ。
ガルルガを中心に7~8時の位置で軸合わせの旋回行動(振り向き)を誘います。
振り向き1回目(9時付近)に武器出し攻撃を当てて前転回避。
ひるみ計算をしない場合、ひるませて変な位置からノーモーション突進が来たら被弾します。
その場合は必要経費として割り切ります。



怒り時(敏捷性+30%)は別の敵だと思って回避重視する動画。


簡単な解説。
お怒りになったときと解除されときにしゃがんでみました。
 01:40~03:10
 04:10~05:40(←解除時しゃがみ無し)
 05:45~07:15
俊敏性の違いをご覧ください。
お怒り時は回避重視で。
少しでも遅れたら攻撃は見送ります。
訓練所のガルルガは頭に武器出し攻撃4回でひるみます。



【大剣初級講座】イャンガルルガ


簡単な解説。
初めてひるみ計算をしながらやってみたんですが途中でやっぱり忘れちゃいます。
忘れたときはしかたがないのでカンで。(ノ∀`)

翼部位破壊を楽にするために落とし穴を使ってみました。
落とし穴は怒り時はかからないようです。
落とし穴中は翼の付け根辺りを狙うと激しくノリノリでヘッドバンギング中の頭にヒットすることがあるのでご注意くださいませ~。

非怒り時は武器出し攻撃×4でひるみ。
怒り時は武器出し攻撃×6でひるみ。
溜め2は武器出し攻撃2回分で計算してみたよヽ(´ー`)ノ


振り向き終了前にひるみが発生すると、やや巻き戻した位置から行動開始になります。
初段抜刀コロリンの場合はこれが危険。ひるみで振り向きキャンセルしたガルルガの正面に飛び出すことになります。
ひるみリーチ時は逆にこれを利用します。振り向き2段目終了前(通り過ぎてから戻すまでの間)に溜め斬りを合わせて意図的に巻き戻しを発生させます。そして巻き戻しと逆サイドに回転回避すれば突進が来ても大丈夫。



PECOもまだまだ練習中で被弾多いです。
うーむ。振り向き溜め2がまず当たらない(爆)
今後の課題ということで頑張りまっす\(^o^)/


拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣初級講座 ソロ 攻略 動画

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。