スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

なにごとも練習が大切。

前回までのあらすじ。
PECOはG級ディアブロスが苦手。
さてその理由は…


今回のお話。
以前からご訪問くださっている読者の方はご存知だと思いますが
PECOのディア系立ち回りは下位ディアに特化したものでした。
主な攻撃のタイミングは2つ。
 「地中からの急襲」を出待ちして尻尾を切る。
 「猛ダッシュ」から派生の「角突き上げ」の尻尾を切る。

さて…既にお分かりの方も多いと思いますが
村上位とG級では「地中からの急襲」出待ちが難しくなりました。
新しく2パターンが追加されたためです。
「その場で急襲」と「地中で方向転換して急襲」。
特に性質が悪いのは「方向転換」(通称フェイント)
まさに出待ちつぶし。
というわけで弱点である尻尾を攻撃するチャンスが激減。
そのため討伐時間が長くなってしまいます

うーん。
Gディア対応の立ち回りを新たに構築しなければ…

プランA
「地中からの急襲」は潜りモーション中に尻尾を切る。
急襲のタゲが確定した後にディアの位置を回転回避で越える。
運が良ければ背後に急襲飛び出し。→尻尾狙う。
地中で方向転換が来たらガードか緊急回避。
猛ダッシュは出始めに腹に武器出し攻撃。尻尾に当たったらラッキー。
 
プランB(プランAを採用しない場合)
立ち位置を工夫して急襲の出場所をコンパクトにまとめる。

プランC(AまたはBと併用)
音爆弾と閃光玉の練習をする。

音爆と閃光
以前から噂には聞いてたんですが…
どうもこの二つがディアには効果絶大らしいです。
…らしいですってやったことないの?
いえいえもちろん試してみたことあります…でも
PECOは投げるタイミングとか下手すぎて微妙な感じだったんです。
さて、この機会に普通に使えるように練習しときたいです。

いろんなサイトさまの攻略情報を参考にさせていただきつつ
閃光音爆は以下の感じで練習してみます。

1)音爆弾は翼膜に溜め3→着地の尻尾に溜め3で与ダメ大。
2)閃光は猛ダッシュの予備モーションに投げる。
3)ピヨピヨさせたら左脚の前で薙ぎ払い→斬り上げのループ。



立ち回りはとりあえずそのままで閃光と音爆の練習行ってきました。
集会所G★3【黒のファランクス】

黒ファランクス1頭目
↑ 1匹目。
黒ファランクス2頭目
↑ 2匹目。

音爆弾は持ち込み分の10個。
閃光は調合素材も持ち込みで15発用意しました。

えーと…
この回は2体とも猛ダッシュが多目で閃光が良く決まりました。
先日の初挑戦の記事では45分針だったので約25分ほど短縮?
閃光音爆やばくない?
(((((((( ;゚Д゚)))))))


拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣 ソロ

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。