ラージャン「ぶん殴り」回避

ラージャン攻略特別夏季講習(1)
【初めてのぶん殴り回避】

ぶん殴りの回避が出来ないよ!というハンターのみなさん用です。
ベテランハンターさまは生暖かい目で見守っていただけるとありがたいです(^▽^)

ぶん殴り回避0

○「ぶん殴り」の基礎知識

 ●「軸合わせの旋回行動」からの派生です。
   →かならず振り向いてから出してきます。
 ●近距離からのぶん殴りは4発が多いのでスルー推奨。
 ●左腕の判定が大きく右腕の判定は小さい。
 ●腕から後ろの判定は無い。(あるいは小さい) 


練習は村【最後の招待状】が移動の手間が無くてオススメ。
非怒り時のラージャンは時間稼ぎのピョンピョンが多くてイライラしますが
そこはグッと我慢して攻撃して怒らせましょう。
非怒り時に気をつけるのは2つくらいだと思います。
 1)正面に長居しないこと。
 2)蛇行猛ダッシュ対策で基本は時計周り。
※招待状1匹目はサイズが小さく股下の安全地帯に入り難いようです。

怒り状態になったら「ぶん殴り」回避の練習開始です。
ではSSを見ながら解説していきましょう。

ラージャン立ち位置
↑ラージャンとの距離は間に1体半から2体入るくらいがベスト。

チェックポイント1:あらかじめ避けやすい状況を作ることが重要です。

ラージャン立ち位置2
↑ラージャンの振り向きに合わせて向かって左に移動。

いわゆる軸ずらし。移動距離はラージャンの幅。
この移動は「ぶん殴り」回避の準備でもあるのですが
「蛇行猛ダッシュ」(通称ケルビステップ)や「猛ダッシュ」が来ても当たらなくなります。

ぶん殴り回避3
↑右腕による1発目。軸ずらしも完了。

ぶん殴り回避4
↑2発目の左腕に注目。

2発目の左腕の前が安全地帯です。
この安全地帯に入っていれば移動しなくて立ったままでも平気。
察しの良い方は気がついたと思いますが実は…

チェックポイント2:ぶん殴り開始時点で安全地帯は決定されている。

ぶん殴り回避5
↑3発目の右。足元の模様で分かりますがまだ安全地帯に入ってます。

ぶん殴り回避6
↑右腕をくぐってしまえばもう安全。

回避のコツがつかめたら武器出し攻撃を当てることも出来るようになります。


【MHP2G】ラージャンぶん殴り回避【大剣初級講座】

曲は狩猟音楽集より。

大きいサイズのラージャンは距離さえ合っていれば軸をずらさなくても大丈夫だったりします。



それではみなさま良い狩りを\(^o^)/

拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣初級講座 ソロ 攻略 動画