スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

ラージャン攻略

ラージャンなんですが…
黒いの(通常時)にピョンピョンされるとイラっとしますよね。
やる気が有るんだか無いんだか。

Σ( ゚д゚)はっ!
もしかしてそれが奴の手??

イライラして無理目の攻撃→反撃を受けて更にイライラ…
→以下無限ループ

うっかり奴の手に乗せられないようにしたいです(`・ω・´)キリッ!



ラージャン戦の基本立ち位置
ラージャン立ち位置
1:距離はラージャン1頭半から2頭分

ラージャン立ち位置2
2:ラージャンの振り向きに合わせて右手側に移動。いわゆる「軸ずらし」。

軸ずらしはラージャン1頭分の幅でOK!
これで「猛ダッシュ」「蛇行猛ダッシュ」「気光ブレス」に当たりません。
「ぶん殴り」が来ても安全地帯に移動するよう微調整でOK!

常時時計回りだとラージャン右手側のスペースが潰れてしまいますので要注意。
軸合わせの旋回行動(振り向き)前には反時計回りに移動する等、
右手側のスペースを確保できるよう誘導しましょう。

ラージャン立ち位置3
3:真後ろは危険。斜め後ろをキープ。


基本の攻撃チャンス
気光ブレス武器出し溜め斬り
気光ブレスには溜め斬りを。
右脚の位置から頭の来る位置を予測できます。

解説記事→ ラージャン気光ブレス溜め斬り


ラージャンの確定行動
怒り時の「蛇行猛ダッシュ」(通称ケルビステップ)後は「バックステップ」。
怒り時振り向きからの「ボディプレス」後は「空中雷弾」→「気光ブレス」まで確定。
※振り向きボディプレスからの確定行動が来たら最後の気光ブレスに溜めがお手軽。

振り向き後は「一回転攻撃」と「バックステップ」への派生はありません。



以上が基本なんですが…
いくらなんでもブレス待ちオンリーでは時間がかかります。
最後の招待状がクリアできません。
ブレス以外の攻撃をどうするのかが問題です。

というわけで以下、シンプルな立ち回りを2つ紹介します。

1)ぶん殴りを華麗に避けながら攻撃する伝統流。
 →見た目が派手な割りに難しくありません。

2)振り向きサイドアタックメインの亀仙流。
 →見た目は地味ですが安全。角も折れます。難易度やや高め。

どちらもそれなりに練習が必要ですが
攻撃方法を限定することでシンプルな立ち回りになっています。
お好みでどうぞ\(^o^)/



【MHP2G】ラージャン【大剣初級講座】(伝統流)


解説
主な攻撃を2種類に絞ります。
1)「気光ブレス」が来たら溜め斬り
2)「ぶん殴り」が来たら武器出し攻撃。

ぶん殴り武器出し攻撃で大切なのは距離。
2発目の左腕をしっかり確認後、右脇下に潜るつもりで武器出し攻撃を出すと当てやすいです。
ラージャンの気分次第で討伐時間が変わってしまうのが難点です。

ぶん殴り回避の解説→ ラージャン「ぶん殴り」回避



【MHP2G】ラージャン【大剣初級講座】(亀仙流)


解説
主な攻撃を2種類に絞ります。
1)背後から振り向きに合わせてサイドアタック。
2)気光ブレスが来たら頭に溜め斬り。

振り向き武器出しは狙うチャンスが多く討伐時間も安定。
振り向きのタイミングに合わせて時間調整するのがやや難しめ。
振り向き時の右腕にひっかけられないよう気をつけます。

サイドアタックの解説→ ラージャンサイドアタック



激昂したラージャンもほぼ同じ立ち回りでOK!

【MHP2G】激昂したラージャン【大剣初級講座】


激昂時は動きが遅くなるので狙いやすいのですが
腕の判定が大きくなっているので要注意。
しっかり見て雑にならないよう当てることが大切です。

ぶん殴り8発からはローリングアタックに派生することがあるので慎重に。
先読み武器出し攻撃の空振り厳禁。

ローリングアタックは軸をずらしてあればそう当たることもなさそうです。
稀に空中で軸を合わせ直すのがあるので油断はできませんが…
危ないと思ったらガード推奨。(慣れると回避で楽に抜けられるようです)
HP残量は常時多めにキープ。



それではみなさま良い狩りを\(^o^)/

拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣初級講座 ソロ 攻略 動画

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。