スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

キリン攻略(応用編)

キリン戦での「斬り上げ」と「背負い投げ」なのですが
少し難し目なので初級講座からは外してました。
応用編ということで少しだけ解説させていただきます。
といっても基本的にはニコ動のDaffinelさんの解説動画のまんまです。



●斬り上げや背負い投げの注意点。
1)キリンのサイズが大きいと角に届きにくいので狙いにくい。
2)ひるみ値の計算が必須。

●予備知識
キリンの部位耐久地は全身で200。
(上位は260~280、Gは460~480)
肉質部位は「角」「頭」「胴」ですが、耐久値が共通のためどこを攻撃しても
与ダメが部位耐久地に達した時点で「ひるみ」が発生します。
「ひるみ」が発生した時点のハンターの向きで
「のけぞり」になるか「ダウン」になるかが決まります。
細かくはいろんなケースがありますが大雑把に言うと
キリンと向き合う形なら「のけぞり」で同じ方向だと「ダウン」。
ダウンさせると追撃が1~2入るのでお得。

斬り上げと背負いはダウンを狙う方法になります。


【大剣応用講座】キリン【斬り上げ】


1)次の一撃でひるみ値に到達する(リーチ)状態を作ります。
2)抜刀状態でキリン1頭分の距離で待ちます。
3)角度はキリンが7時の位置に来るように調節。
4-1)電撃が来たら非怒り時は電撃3.5発目で斬り上げ。
4-2)怒り時は電撃1発目の着地を合図に斬り上げ。


【大剣応用講座】キリン【背負い投げ】


電撃後の背負い(縦斬り)のタイミングは斬り上げと同じ。
通常時は電撃3.5発目に合わせて縦斬り入力。
怒り時は電撃1発目の着地に合わせて縦斬り入力。
※怒り時は真後ろまで振り向かないので注意!

非怒り時にボーっとしたときは近くで溜めてキリンが動き始めたら溜めリリース。



キリンは猛ダッシュするとき弱点の角を下げているので
もしかすると突進止めできるのかもしれませんね。

それではみなさま良い狩りを\(^o^)/

拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : 大剣 MHP2G ソロ

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。