スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

上位紅龍翼部位破壊(2)

<続きです>
長い上に細かい話なので飛ばしながらどうぞ。

前回はPECO+(ペコプラス)という別のキャラクターで
上位ミラバルカンの翼の部位破壊について調べました。
結果は翼の「ひるみ」5回で部位破壊成立でした。
さて
せっかくなので翼の部位耐久値についても調べてみたいと思います。

上位バルカン翼耐久値
↑計算しやすい徹甲榴弾を使って調査します。

徹甲榴弾は着弾してから爆発するまで少し時間があります。
さらに針で刺さった先に爆弾がブラブラしてます。
この針、かなり長さがあります。
もしかして…
最初に爆風が当たった部位にダメージが入る?
うーん。
実際に爆発するまで見ているとバルカンも動いていますので
タイミングによっては胴体の側で爆発したりします。
これだと翼にダメージが入っているのかどうか良く分かりません。
動画をチェックして疑惑判定が入ってたらりテイク


※曲は狩猟音楽集より。

うまく翼に当てたテイクで「ひるみ」までの弾数を数えました。
LV3を7発+LV1を1発

ちょっとダメージ量を計算してみます。
まず徹甲榴弾の爆発ダメージですが肉質無視の固定ダメージです。
LV3が40でLV1が20。

(40×7)+(20×1)=300
上位バルカンのダメージカットは25%なので
300×0.75=225
爆発による与ダメージは225

では次に爆発以外のダメージを計算してみましょう。
使用ボウガンはメラルーヘルドールで攻撃力が320(護符爪所持)。
会心率は30%。
ライトボウガンの武器倍率が1.2。
弾の威力は徹甲榴弾はLV3もLV1も同じで3。
スキルは属性攻撃強化。
バルカンの翼の肉質が20。

上位バルカン通常エフェクト
↑通常の着弾エフェクト。

上位バルカン会心エフェクト
↑会心のエフェクト。

まずは属性以外の物理ダメージから計算します。

と、ここでさっそく問題が!

公式ガイドブックとマスターガイドで計算式が微妙に違うぅ~
具体的には小数点の切捨てのタイミングが異なります。
計算結果の差は1なのでとりあえず公式の計算式で…。

基本攻撃力は攻撃力を武器倍率で割った数字を用いますので
320÷1.2で266.6666667

3×1※×(266.6…÷100)×1※×1※×1.15×0.2※=1
(順に計算し※の部分で小数点切捨て)
というわけで着弾時の物理ダメージは1

さて会心が出たときの計算ですが…
3×1.25※×(266.6…÷100)×1※×1※×1.15×0.2※=1
あれれ?
公式ガイドの計算式ではクリティカル補正分は最初に切り捨てられます。
徹甲榴弾のクリティカル(会心)は効果なし

上位バルカン距離補正
↑距離によるエフェクトの違い。

着弾エフェクトが大きかったのは7発。
(クリティカル補正は最初の小数点以下切り捨てで無くなるので無視)
距離補正1.5で計算すると
3×1※(266.6…÷100)×1※×1.5※×1.15×0.2※=2
距離補正が入った時の着弾ダメージは2

1倍距離1発(1×1)+1.5倍距離7発(2×7)=15

着弾による物理ダメージの合計は15

では次に属性ダメージの計算を。
徹甲榴弾の火属性値はLV3が60。LV1が30。
お~。
火炎弾の属性値が45なので徹甲榴弾の火属性はかなり大きいですね。
今回の装備はスキルで属性攻撃強化が付いているのですが
徹甲榴弾の爆発に含まれる火属性は属性強化の対象外です。
ミラバルカンの翼の肉質は火15。

LV3の属性ダメージは以下の計算になります。
60×(266.6…÷100)×1×0.15=24

LV1の属性ダメージは以下の計算になります。
30×(266.6…÷100)×1×0.15=12

では1発あたりの総ダメージを計算します。
(爆発ダメージ+着弾ダメージ+属性ダメージ)×(ダメージカット0.75)

徹甲榴弾LV3=(40+2+24)×0.75=49.5
徹甲榴弾LV1=(20+1+12)×0.75=24.75
※計算に使った回の徹甲榴弾LV1は距離が遠くエフェクト小さ目でした。

ではこれらの数字から翼の部位耐久値を探ってみましょう。

「ひるみ」までの総与ダメージは(LV3×7)+LV1なので
(49.5×7)+24.75=371.25
最後はLV1榴弾の爆発(15)でひるみましたので
ひるみ値は357~371の間のどこかになります。

今回計算に使いませんでしたがLV3を6発+LV2を2発でもひるみました。
LV2の爆発が30。火属性は45なので45×(266.6…÷100)×1×0.15=18
徹甲榴弾LV2の1発あたり与ダメージは(30+1+18)×0.75=36.75
LV3(49.5)×6+LV2(36.75)×2=370.5
こちらも最後のLV2榴弾の爆発(22.5)でひるみましたので
ひるみ値は349~370のどこかに。

両者の条件から絞り込むと357~370の間になります。

上位後半のモンスターは部位耐久値に補正が入り140%なので
基本となる翼の部位耐久値は255~264のどこか、ということになります。

公式ガイドブックで数字が公開されているモンスターの部位耐久値を見てみると全て一桁目は0になっています。
ということは…
ミラバルカンの翼の部位耐久値は260の可能性が高い
と思われます。

うーん。
予想していた240とは異なる数字が出てしまいました。



実はダメージ計算に問題があることがこの後発覚するのであった。
<続く>

拍手する

テーマ : MHP2ndG プレイ日記 - ジャンル : ゲーム

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。