上位紅龍翼部位破壊(3)

大剣でない記事が続いて申し訳ないです。
遠隔武器で討伐までするつもりはなく、
部位破壊および耐久値の調査と割り切ってやっています。
調査のためにあと2回遠隔武器での記事が続きます。
何卒ご理解ご容赦くださいませ。



<続いてます>
PECO+(ペコプラス)という別のキャラクターで
上位紅龍の翼部位破壊についてあれこれ考察しています。

終末の時メラルーヘルドール

徹甲榴弾の火属性について

上位紅龍の翼の部位耐久値を計算したんですが
予想していた240ではなく260という数字が出ました。

なんか計算間違えてるくさい。
そう思って何度も見直したんですが間違いが見当たらない。
なんか変だなぁ。
うーん。

怪しいのは火属性。
あんなにダメージがあるのはおかしい気がする。
(`・ω・´)キリッ

体力固定で火属性が効くモンスターで試し撃ちしてみよっかな。
そう思って雑魚のパラメータを見てたんですが
実は雑魚も強さが固定ではありません。計算が面倒くさそう。
固定なのはマオウのゲネポくらいです。

で、
そのとき見てたのが電撃のマスターガイド。
念のためボウガンの属性ダメージの計算式を調べたんです。
すると以下の一文が・・・!!

「徹甲榴弾の爆発に属性が設定されているが武器補正はかからない」

なななな・・・なんですってーっ!!Σ(゚д゚lll)
ちょ
昨日の計算は?(←無駄)

言われてみれば針の先に爆弾ぶらさがってるし
スキルの属性攻撃強化も効果が無いし
当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。
むしろボマーの方が効果あったりして(笑)

※ボマーは効果が無いと言われています。
砲術王だと徹甲榴弾の爆発ダメージが×2に。

ちなみに
散弾の属性値や拡散弾の属性値も武器補正かからないそーです。

というわけで属性の計算をもう一度。
上位ミラバルカンの翼の火属性に対する肉質は15%

LV3徹甲榴弾の火属性は60なので60×0.15=9
LV2徹甲榴弾の火属性は45なので45×0.15=6
LV1徹甲榴弾の火属性は30なので30×0.15=4

※小数点以下は切捨てにされます。

1発あたりの総ダメージを計算してみましょう。
(距離補正なし)

LV3徹甲榴弾=37.5 (40+1+9)×0.75
LV2徹甲榴弾=27.75 (30+1+6)×0.75
LV1徹甲榴弾=18.75 (20+1+4)×0.75

翼ひるみを発生させた3パターンから部位耐久値を探ります。

パターンA:LV3を7発+LV1を1発 
(37.5×7)+18.75=281.25

パターンB:LV3を6発+LV2を2発 
(37.5×6)+(27.75×2)=280.5

パターンC:LV3を6発+LV2を1発+LV1を2発
(37.5×6)+27.75+(18.75×2)=290.25

それぞれ最後の1発のダメージを減算すると
パターンA:281.25-18.75=262.5
パターンB:280.5-27.75=252.75
パターンC:290.25-18.75=271.5
以上の計算結果から
ひるみ値は272~280の間のどこかということになります。

上位後半の部位耐久値補正が140%なので計算すると
195~200になります。

一桁目に数字が入ることは他の例から考えると無さそうなので
ミラバルカンの翼の部位耐久値は200だと推測される。

あれれ?
また240になりませんでしたね。
どっか間違えてるのかな~。
でももう面倒になっってきたので部位耐久値はこのへんで終わりにします。



追記:徹甲榴弾にボマーは効果が無いらしいので、一応確認のためにボマー付けていってみたんですがLV3を7発でひるむというなんとも中途半端な結果に。
徹甲榴弾のダメージ計算は良く分かりません(´・ω・`)

次回は部位耐久値の削りは持ち越しできるか調べてみたいと思います。
<続く>

拍手する

テーマ : MHP2ndG プレイ日記 - ジャンル : ゲーム