スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

飛びつき攻撃

みなさまこんにちは(^∀^)

ナルガクルガ接近戦の練習をちまちまやってます。
ところで
ナルガが横っ飛びしてブレード攻撃するやつありますよね。
あれってなんて言う攻撃なんでしょうか。
気になったのでちょっと調べてみました。

F通公式ガイドブックによると
飛びつき攻撃

D撃の攻略本では
旋回ジャンプからの飛びつきとなっています。

ちなみに@Wikiでは
ステップ飛び掛りとなっています。

公式ガイドブックの飛びつき攻撃が正式名称なんでしょうか。
うーん。
横っ飛びの部分が名称に含まれていないので
いまいちピンと来づらいような気がします。
D撃さんのかWikiの呼称が分かりやすくていいかも。


さて、ナルガ接近戦なんですが少し慣れてきました。
で、
冷静に振り返ってみるといつも被弾するパターンが同じ。
旋回ジャンプ→飛び掛りで被弾するのが最も多いです。
うまく回避できるようになりたいので被弾の原因を探ってみたいと思います。

ナルガ飛びつき1
↑近距離でナルガが旋回ジャンプ。

ナルガ飛びつき2
↑旋回ジャンプ着地した時点の位置関係。

右(向かって左)に旋回ジャンプしたので
右腕(向かって左)のブレードが来ます。
ブレードの下を潜るように回避したいので右腕に注目しています。

ナルガ飛びつき4
↑ブレードに被弾。肉球部分が見えています(笑)

タイミングを計って回転回避を入力したにもかかわらず
なぜかブレードに被弾。

飛び掛りのブレードの回避ですが
飛び掛りの軌道の頂点では判定も高い位置にあるので
回転回避の低い姿勢で下を潜るようにすると避けやすい気がしてます。

これが良くないのかなー。
引きつけてフレーム避けを意識したほうが安定するのかもしれません。

ナルガ飛びつき3
↑ちょっと巻き戻して被弾した瞬間(フレーム)。

( ; Д )  ゚ ゚

これ頭突きに当たってるよね!?
まさかブレードじゃなくて頭突きに当たっていたとは!!
飛び掛り時の頭の判定はかなり大きいようです。

うーん。
非怒り時は角度が甘いので大丈夫なんですが
怒り時の旋回ジャンプ→飛び掛りはもっと大きく避けないとダメなようです。

@Wikiの弓の立ち回りでは逆サイドに避けると安全だとか。
逆の腕はおそらく着地まで判定が無いんだと思われます。
その方法も試してみたいな~。

それではみなさま良い狩りを♪

拍手する

テーマ : MHP2ndG プレイ日記 - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣 ソロ

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。