スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

咆哮回避同時

みなさまこんにちは。

先日の記事に読者の方から拍手コメをいただきまして
そのコメを拝読してるうちに
どうも無敵フレームについて分からなくなってきました。



回転回避の無敵フレームですが
発生するのは何フレームからなのか?
二つの説があるようです。

説1:回避入力と同時
説2:回避入力後2フレーム目から

これまでは火山での調査から2フレーム目からだと思っていました。
ところが先日の記事でも紹介したように
地形ダメージと咆哮回避では無敵フレームが異なっていました。
そうなってくると無敵の開始フレームもあやしい。

下のSSをご覧ください。

咆哮回避同時だが距離が

咆哮を1フレーム(以下Fと表記)目で回避しているように見えますね。
ただし距離が問題で
SSの位置だと咆哮の範囲外の可能性が高い。

実は以前にも動画をコマ送りで調べるとこのケースのように
1F目で回避してるように見えるケースが他にもありました。
距離はもっと近かったのでもしかすると1F無敵の可能性も・・・

もし1Fから無敵だった場合
調査結果では8F目には被弾するので
1F~7Fの7フレームが無敵フレームということになってしまいます。
うーん。
別に無敵が7Fでも構わないんですが
通説が6Fなので違和感を感じますね。
どうなんでしょうか?

ちなみに
公式ガイドブックのP0087の回転回避の説明では
「出始めに0.2秒の無敵時間がある」となっています。
MHP2Gは1秒=30フレームなので0.2秒は6フレーム。

さて
PECOの調査環境なんですが
PSP2000からプログレッシブ出力し
キャプチャボード(PV4ラグあり)で動画撮影しています。
PC上で撮影した動画をコマ送りで確認できるのですが
それ以上の特別なことはなにも出来ません。

もし至近距離で咆哮と回避が同時でも
回避1F目が無敵でなければ被弾しますので動画に残りません。
そうなってしまうと「入力を監視して画面上に表示する」等の
特殊な方法が無い限り分からないことになりそうです。

もうちょっと試行回数を増やせばそのうち…とも思いますが
1F目が無敵でなかった場合は
「1F目で回避している動画は永遠に撮影できない」
ということにもなるので証明が非常に難しいですね。

そもそもティガは怒り移行時にバックジャンプすることもあり
咆哮回避を狙う機会が多くありません。
これが調査を難しくしているように思います。

とはいうものの気になりますので
これからは1F目無敵の可能性も頭に入れて
動画をチェックしていこうと思います。

それではみなさま良い狩りを!

拍手する
                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。