スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

SSで見るグラビーム

みなさまこんにちは。

突然ですが黒グラビの熱線のお話。

黒グラビは大剣最大の敵ですよね。
特に二頭クエや大連続系ではHPの関係から胸を破壊するメリットもなく
硬い肉質に泣かされます。

手早く倒すには肉質の比較的やわらかい首下を狙いたいのですが
その場合はガスつき熱線がやっかいです。

さてグラビの熱線
通称グラビームですが3種類あります。

見(聞き)分けやすいのは薙ぎ払いビーム。
これは吸い込み音があるのですぐ分かります。

見分けにくいのが通常ビームとガス付きビーム。
ちょっとコマ送りで見てみましょう。
足を踏みしめたところからカウントします。
※P2Gは秒間30F、動画は60Fで撮影。カウンタ表示は動画のF。

01.gif
1フレーム(以下Fと表記)

15.gif
15F
翼の角度と頭の位置をチェック。
ここまでは全く同じモーションです。

25.gif
25F
右側のモーションが早いです。
(翼の位置が低く頭の位置が高い)

35.gif
35F

以下、記事内容を修正しました。2010.04.13

ビームまでのF数は同じなのですが最終的な頭の位置が異なります。
右のグラビは大きく体をそらして頭を高く上げるため
振り上げ速度が速くなっています。


ガス付きは頭を上げ始めてからビームを出すまで5フレーム長い。
ガス付きは頭を上げる途中で息を吐く位置が低い。


以上の事からガス付きグラビームの見分け方は
以下の二点になると思われます。

 1)頭を上げ始めてからのスピード
 2)頭の位置
 2)頭を上げる途中で息を吐くタイミング
 ※翼が水平の位置ならガス付き、翼が立っていたらガス無し。




左右どちらがガス付き熱線かは書きません。
ぜひみなさまご自身で確認してみてください。

というか本当のところは
ブログのネタ用に随分以前に撮影しておいたので
どっちがガス付きか覚えていなかったというオチ。

実は…
相互リンク先の 狩りればニッキ【MHP2G】 さまで
グラビームの見分け方の攻略がかなり進んでおらます。
かなり画期的な見分け方です。
グラビでお悩みの方は是非ご訪問なさってみてください。

それではみなさま良い狩りを!

拍手する

テーマ : MHP2G - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣 ソロ 攻略

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。