スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

黒のカタクラフト

みなさまこんにちは。

※前回の記事から続いています。
※あらすじ。
 集会所G★3【黒のカタクラフト】に
 爆弾なし捕獲なし大剣一本で挑戦です。

まずはこちらをご覧ください。

黒甲冑、弐領の移動エリア

以前の記事で紹介した【黒甲冑、弐領】の移動エリア図です。
【黒のカタクラフト】でも移動エリアは同じ模様。

エリア5と6は合流なし。
グラビ亜種は頻繁にエリア移動しますが
プレイヤー発見時は同エリアに長めに留まります

黒のカタクラフト-03

装備は抜刀匠アーティで
自マキ付けてます。

黒のカタクラフト-04

開幕後はエリア4に急行。
初期配置エリア4のグラビ亜種(以下4グラと表記)
の尻尾を切断。

黒のカタクラフト-07

初期配置エリア7のグラビ亜種(以下7グラと表記)は
しばらくするとエリア5に移動してきます。(確定)
こちらもエリア5に移動して尻尾を切断。

その頃に4グラはエリア6へ移動。(確定)



さて、
ここからは移動がランダムになります。
大抵はどちらかのグラビ亜種がエリア6かエリア5に居るので
それと戦っていきます。

以下、細かい計算をします。
面倒な方はてきとーに飛ばしちゃってください。

4グラの移動パターンですがエリア6にいる場合は
エリア7とエリア4に移動する可能性があるので
以下の確立になります。

 エリア7:50%
 エリア6:0%
 エリア4:50%

エリア7に居る場合は必ずエリア6に移動しますので
以下の確立になります。

 エリア7:0%
 エリア6:100%
 エリア4:0%

エリア4に居る場合は必ずエリア6に移動しますので
以下の確立になります。

 エリア7:0%
 エリア6:100%
 エリア4:0%

以上の計算からクエスト中の半分の時間を
エリア6で過ごしている計算になります。
(エリア7とエリア4はそれぞれおよそ25%)

さらにプレイヤー発見時は移動しにくくなるので
大半の時間を4グラはエリア6で戦うことになります。

同様に7グラはエリア5で戦うことが多くなります。

黒のカタクラフト-05

エリア5の方が戦いやすいので優先的に戦いました。
というわけで7グラを先に討伐です。

このあとモドリ玉でBCに戻ります。
(支給品は遅くともクエ開始後20分に到着します)
クーラー等を補充。
支給品専用の大タル爆弾が喉から手が出るくらい欲しかったのですが
ぐっと我慢(笑)

黒のカタクラフト-06

こちら側の4グラは主戦場になるエリア6がクセモノ。
溶岩の奥からビーム連発とか
高低差で首下溜めがスカったり。

途中で集中力が切れてガス被弾
→起き上がりに薙ぎ払いビームで1オチ。

時間はかかりましたが
特に苦労もなく無事にクリアです。

立ち回りが向上したのもあるのですが
移動エリアを把握しているのが良かったと思います。
どこでどっちのグラビと戦うべきか分かるのは助かります。

かつてずいぶん悔しい思いをしたクエストでしたが
今回リベンジできてスッキリしました。

それではみなさま良い狩りを(^∀^)ノシ

拍手する

テーマ : MHP2ndG プレイ日記 - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G 大剣 ソロ 攻略

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。