スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
                               

PT狩猟日記

みなさまこんにちは~。

最近はストイックにソロでの修行に明け暮れる日々。
オトモすら連れてくことが無くなりました。

一人でモンスターと対峙すると良いことがあります。
一番良いのはモンスターの動きがよく見れること。

あ~この攻撃はこっち側に判定が強いな~。
とか、
硬直時間に最速で入れば溜め2までいけそ~。
とか。

ところが実は…
ソロプレイだけしてると分からないことがあります。
それは…



先日KaiでPT狩りをしてきたときのお話。
※狩りやすさはあくまで個人の感想です。

煉獄の主
クエストは【煉獄の主、怒れる炎帝】

意外なことですがPTだとテオがすごく狩りやすい
みなさん慣れて上手だという前提ですが
テオの各種行動の硬直に合わせて近い部位を攻撃していけば良いので楽です。
怖いのは欲張って粉塵爆破に巻き込まれることくらいなんですが
それも仲間がカバーしやすいこともあり戦闘不能にはなりにくい感じ。


PT招待状
クエストは【最後の招待状】

ちょっと記事の書き溜めの関係で時間が前後します。
このときはまだラージャンの特訓前だったので手数が少なめ。
PTでも重要なのは安地感覚だと思うのですが
ラージャンのターゲットが確定するまで安地も決まりません。
なので軸合わせ確認後に安地に入る必要があります。
意外と気が抜けません。
ラージャンはソロより難しいと感じました。


PT武神
クエストは【武神闘宴】

ナルガはPTでも比較的に戦いやすい方だと思います。

ティガは意外と隙が少なくて戦いにくい印象。
各種のモーションに尻尾の判定がついているので
後ろや横からでも安心できません。
下手に手を出すと尻尾ではたかれます。

グラビ亜種は人数分の火力が生かしやすい相手。
あっというまに沈みます。

ディア亜種は尻尾を切断しないのがポイント。
他武器のプレイヤーさんの為に弱点の尻尾を残す必要があります。
PECOはうっかり切断しちゃうので気まずいことも。
あとは地中からの急襲がタゲが読みづらいですね。
でもガードしちゃえば大丈夫。

激昂ラージャンはPTだと難しい印象。
招待状のラージャン同じで振り向き確認後に攻撃or安地に入れるかどうか。


4人PTでは2頭クエも色んな狩り方があるようです。
ナルガ2頭クエを2人ペアの2組で別々に狩ってみたり。

めもたんと漆黒の獣
クエストは【太古の森と漆黒の獣】

めもたんと大剣ペアでシンクロ溜め斬り。
大剣もお揃いのGブレイド。
ばっちり揃ってカッコイイ!

ナルガは背後で2回振り向きを誘うとシンクロ溜めが狙いやすいです。


kaiでご一緒してくださったみなさま
ありがとうございました。



というわけでソロプレイで分からないのは
タゲが来てないときの対処法。

モンスターの横や後ろでの被弾はソロではありませんので
PTで被弾するとビックリすることも。
PTではソロとは別の技術があるようです。

たまには擬似PTとしてオトモと一緒に狩りに行くと
練習になって良いのかも。

それではみなさま良い狩りを!

拍手する

テーマ : MHP2ndG プレイ日記 - ジャンル : ゲーム

TAG : MHP2G Xlink Kai

                               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。