Pocoの村専狩人日記(34)

<あらすじ>
大剣使い的には村★7最大の難関はバサルモスである。
このバサルモスを爆弾なしで見事に討伐したPoco。
しかしこの時点で過去最大のミスを犯していたことが発覚したのであった!
それは・・・

***

Poco-181.jpg

Poco「どうかな?」

どうといわれても困るがどうやら頭装備の「金色ノ添髪」を作成したらしい。
さて、話は少し遡る。

ラージャン素材集め

ここ最近のPocoはある装備を作成するために最後の招待状に通っていた。
その装備とは、大鬼金棒である。

Poco-182.jpg
大鬼金棒は高額商品である。

実は村下位クエストの【最後の招待状】なのだが
登場するラージャンからは上位の素材が入手できる。
強化素材だけ見ていると作成時期が先のように思えるのだが実は・・・

上位に★7上がった時点で大鬼金棒まで強化可能だったのだ。

準備好きのPocoとしては大鬼金棒を見落としていたのは痛恨のミスであった。

Poco-183.jpg

この大鬼金棒、攻撃力自体は控えめなのだが会心率が15%付いている。
更に斬れ味補正が入ることや高い属性値があるため相手によってはかなり強い。
具体的にはバサルの部位破壊前の胸である。

村上位★7【狙われたバサルモス!】大鬼金棒


※バサルの胸で弾かれないように匠を付けて斬れ味ゲージ白で運用しています。


さて、この大鬼金棒の対バサル戦のスペックなのだが
部位破壊前の胸に縦斬りを当てた場合の与ダメが同一条件のフルミナントブレイドを上回る。
とは言えその差は僅か1程度である。

Poco「やっぱ胸が割れるの早いな!」
ケイ「たぶん立ち回りが良くなったからニャ」
Poco「・・・」

部位破壊が手早く出来ればその後の狩りは早い。
しかし大鬼金棒でどの程度部位破壊が早くなったかは疑問である。

ちなみに、部位破壊後の縦斬りではフルミナントブレイドが1上回り、
溜め2を当てた場合はどちらも同じ与ダメになるようだ。

※会心率に基づいた平均値の計算による。

使用してみた感想だがバサルモスに対してほぼ同じ性能と思われる。
作成しやすさを考えるならフルミナントブレイドに軍配が上がるだろう。

Poco-184.jpg
※脚はヒプノS。

大鬼金棒を作成するついでに作成した金色の添髪だが、
なんとスキルポイントの匠が2付いているではないか。

Poco「これで匠装備のコーディネイトの幅が広がったぜ!」

この装備、見た目と異なり防御力はさほど低くないようである。

<つづく>

拍手する

TAG : モンハン P2G 大剣 ソロ